トップページ > 新着情報
2017/Nov  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
『ぎひょ〜』連載記事、第51回(最終回)アップしました。
gihyo.jp 技術評論社 連載記事
モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!
更新しました。
第51回 ダウンロードできます![ワークショップ ウラ設計シート
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0051
これで事前に仮説を立てて
いかに参加者の「気持ち」を引き出せるか
シミュレーションしてほしい。

絵空事に終わらせないワークショップを!
連載最終回の今回は、わたしが日頃、事前に
打ち合わせで使っている[WSウラ設計シート]を紹介します。

この[WSウラ設計シート]は
300超えの会議に立ちあった経験を通じて
これだけは外せないと思ったポイントを凝縮した
3枚のシートです。
担当者の方が、ファシリテーター経験がなくて
WSなんて初めてというときに

「このシートの流れで設計すれば
当日のイメージが湧いてくるはず。
とにかくやってみましょう!」と
発破をかけて作戦会議をしています。
具体的な【書き込み例】
(昨今流行りの「女性活躍推進WS」と「ビジョンWS」の2例)

【書き方のコツ解説】
もダウンロードできます。
よかったら(^.^)

*****
gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
『モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation
*****
記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第50回 アップしました。
gihyo.jp 技術評論社 連載記事
モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!
更新しました。
第50回 分り合えない会議こそ「悲しみ」の共有を
〜気持ちを汲み取る究極のグラフィック「ナミダ」〜

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0050

その人が「発している言葉」と「本当の気持ち」は必ずしも同じではなかった
―――このことを、わたしは絵筆から教わりました。

特に,ネガティブな発言をする人ほど,
じつはその状態を一番「なんとかしたい」とポジティブな未来を思っている人でした。
でも,周りの人には伝わらなくて、心の中で泣いていた…(ナミダが描けた!)。

あなたも実は心の中で泣いていませんか。

仕事やプライベートで,モヤモヤしている相手やプロジェクトがあったら、
一度でいいので,メンバーの「気持ち」やカスタマーの「気持ち」を
「汲み取る」時間をとってみてください。


その時に、究極のグラフィック「ナミダ」を
相手の目にちょっと思い浮かべてみてください。
商品開発の現場なら、カスタマーの目に「ナミダ」です。
その人との関係性や、その会議やプロジェクトの中身が、
まったく別物になって、前進します―――というお話です。

一般的に「プレゼン上手」を目指そうという風潮ですが、
多くの会議は「伝え合う」ばかりで「分り合えない」まま進んでいます。
でも、もうそろそろ…

相手の本当の気持ちを「汲み取る」人たちも増えていかないと…
いつまでたっても先に進めないと思うのです。

「伝えるのが下手」だと「何を言いたいのかわからない」と
切り捨てられやすい世の中ですが,
絵巻物の上での大発見は「うまく言葉にならない」会話にこそ,
本当の問題や本質的なこと,本物の心
が描けてきます。

相手を動かしたければ,自分が言いたいことを
「伝える」ばかりではなく,まずは「黙って聴く」。
そして「その人が本当に言いたいこと(気持ち)」を「汲み取る」

これも1つのビジネススキルだと思うのです。

「プレゼン上手」も大事ですが、
相手の気持ちの「汲み取り上手」も目指してみませんか
o(^^)o

*****
gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
『モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation
*****
記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第49回 アップしました。
gihyo.jp 技術評論社 連載記事
モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!
更新しました。
第49回 みんな実は大好き!
ホンネが見える[
ネガティブな表情+セリフ]
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0049

「話し手」の伝えたい内容が…→「聞き手」の心に響かない…。
(ToT)(`^´)(u_u)

そんな悲しい実話ヽ(´o`を、今回も、前々回紹介した
9つの表情(絵巻物思考)]を使って紐解いてみる練習問題を用意しました。

なぜ、みんなの心が動かないのか?

そんなとき、多くの会議が[人]に関わる話をしているのに
頭の中では「のっぺらぼう」なまま会話している可能性があります。
そこを今回は[ネガティブな表情+セリフ]に絞って書き出してみる練習デス!

「聴き手」であるメンバーやクライアントのホンネが見えてくると
な〜んだ(・o・)という解決策も見えてきますよー。

みんなホントはホンネで会話したかった!
とにかくホンネの見えるネガティブ議論は、
実は、みんなを、あなた自身を、ワクワクo(^▽^)o楽しい気持ちにさせてくれます♪

*****
gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
『モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation
*****
記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第48回 アップしました。
gihyo.jp 技術評論社 連載記事
モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』更新しました。

会議室で、これまで以上に
一目置かれる人になってみませんか
(^.^)

第48回 「会議室で[絵巻物思考]を使って
会議の流れを変える人になる練習問題」

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0048

多くの会議室で求められているのは

不毛な議論からいち早く抜け出すキッカケを投げ掛けられる力。
迷走する会議の流れを本質的な話し合いに変えていける力。

多くの会議が陥っている

[人の心]を動かしたいのに[人の描ける]議論をしていない…
本当の顧客]のことを話し合っていない…

この状態にいち早く気付ける感度を
前回紹介した[9つの表情]を使いこなして
上げてみませんか?
実践練習として、[人]の話をしているのに[人]が描けなず
絵筆が困った会議あるある(第4弾)を4つ、用意しました。

*****
gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
『モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation
*****
記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第47回 アップしました。
gihyo.jp 技術評論社 連載記事
モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』更新しました。

多くの会議で共通して起きている
「ちょっと困った現象 GFあるある」第3弾。

今議論しているその箇条書きされた課題が
絵に描けない…」今回はその対策として↓
第47回(絵筆が困る会議あるある第3弾)
その打ち合わせ「9つの表情」で見直してみませんか。
絵筆を持たなくてOK「絵巻物思考」のススメ

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0047
「課題やあるべき姿をいくら話し合っても…」
「どこかみんなの腹に落ちていない」
「みんなが納得できる解決策が見つからない」

そんな「箇条書きされている課題」を見ながらの議論があったら
9つの表情」で(頭の中でOK)描きなおしてみませんか。
「箇条書きされている課題」とはまったく別のところに
本当の問題」があることを
わたしは「9つの表情」から教わりました(^.^)

*****
gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
『モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!』
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation
*****
記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第46回 アップしました。
前回に引き続き、多くの会議で共通して起きている
ちょっと困った現象”をご紹介します。
第46回 (絵筆が困る会議あるある第2段)
シニア」「高齢者」「老人」と呼ばれて,
未来のお客さまが「怒っている」絵が描けてくる!
ハートをつかむためにも[ネガポジ設計]
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0046
「シニア」「高齢者」のハートをつかむどころか…
ハートとは正反対ともいえる絵…本当によく描きます(-_-)
こういう絵が描けるときは、じつは
議論しているご本人たちがいちばん
「どこかキレイゴト…」「メンバーは腹落ちしていない」
「ありたい姿がモヤモヤしている」
と感じています。

そんなときこそ議論の流れを想いっきり
ネガポジ]に変えてみてください(^.^)
本質的な問題」が見えてきますよー!
実例付きでご紹介します。

gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation

記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
『ぎひょ〜』連載記事、第45回 アップしました。
今回は、多くの会議で共通して起きている
ちょっと困った現象”をご紹介します。

みなさんの会議室でも
次のような絵が描けてしまう議論を
知らず知らずのうちにしてはいませんかσ^_^;
第45回(GFの現場から〜会議あるある!)
未来の「スマートハウス」に暮らすのは「メタボな人間」?!
ネガポジ設計]しないと,
じつは不幸せな未来を語り合っている

http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation/0045

「良い未来」を語りあっているじぶんたちが、まさか
人間がダメになっていく」未来を語りあっているとは
思っていません。でもどこか
「みんな腹落ちしてない」「ビジョンがぼんやりしている」
といったモヤモヤを感じている会議の多いこと…。

そんな会議の共通の傾向
「ポジティブな問い」かけで「良い未来の話」ばかりをしていました。

話し合いたいことは同じ「良い未来」でも
議論は[ネガポジ設計]です!

今回は実例をもとに、実際の事前打合せで
どうネガポジに修正しているのか。
具体的にbefore→afterで紹介します(^.^)

gihyo.jp過去記事↓目次一覧はこちら
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/graphic-facilitation

記事更新のお知らせは↓こちらから随時
【Facebookページ】https://www.facebook.com/graphicfacilitation.jp
【twitter】http://twitter.com/yamazakiyunico
【不定期便メルマガ】登録こちらから

連載gihyo.jp技術評論社 : comments (0) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28
古い記事へ移動