トップページ > 新着情報
2017/Sep  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
「情報の共有」よりも先に「感情の共有」を:表情ツールで実践!
自分でも会議で絵を描いてみたいと思ったら
まずは「とっても大事なもの」から絵にしてほしい。

先日紹介した[表情マーク]の補足です。
表情を描く]と何が変わるのか、という話を書いておきます。
言葉や文字、表やグラフでもなく
表情を描く]とは「気持ち」まで表現できるということ。

そもそも、話し合いで「わざわざ」絵を描くのは「なんのため」かといえば…

ぶっちゃけ「絵」がなくても伝わればいいわけで(^^ゞ

それなにの「わざわざ」絵を描くのは「なんのため」?

それは、そもそも、その会議「何のために」話し合っているの?
話し合ってどうなりたいの? という問いにつながってくるわけですが

いろんな会議に参加して共通するのは、ひとは一人ではできないことを
「みんなの気持ちを1つにして未来行動を起こすために」話し合っているということ。

そこで、普段の会議で使われている言葉や文字、
図や表といったコミュニケーションツールだけでは伝わらない「気持ち」を汲み取れるのが、
第三のコミュニケーションツールグラフィックの役割だと思っています。

気持ち」=「感情」が伝わると
コミュニケーションが一気に深まります。

「情報の共有」よりも先に「感情の共有」をするほうがずっとコトが早く進みます。

だから(基本はどんな絵を描いてもいいのですよ、でも)まずは
表情]を描いてほしいと思います。

表情9]を使って「とっても大事なもの=みんなの気持ち」を
くみ取って、共有してあげてほしいです。

なんだか「モヤモヤしている」と感じるところには、
必ずそこには、うまく伝わってない「気持ち」があって
それを吐き出すには[表情]を描くと意外とするりと出てくるのでお薦めします。

表情描く]→「気持ち」まで書ける
→「気持ち」が伝わるとコミュニケーションが深まる、速まる、です。

表情を描く]とは、具体的には下の絵のように
フキダシにあうセリフを入れる、ということになります。 (↓)例えば「圧倒的な人手不足」という言葉も
(※これは陸前高田市市長さんが訴えていた言葉です)(↓)[表情]を描くとこんなふうにも(↓)こんなふうにも(↓)こんなふうにも(↓)こんなふうにも伝えられますKJ法と同じように付箋に1つのことを書き出していますが
表情]があると書き手の「気持ち」が引き出されます。「伝わります」。
伝わるスピードが速いとコミュニケーションも円滑になりますね。ただ、「描く」という作業は本当に面倒です。
「描く」のが苦手な人もいます。

そんなときは、だれかが代わりに書いてあげてもらえたらと思います。
本当の「気持ち」を吐露することが、一番してほしいことなので
手を組んだまま書き留めない人がいたら、
だれかが代わりに書いてあげてほしいです。

その人の吐露を書き取ってあげると
それは、その人の気持ちを汲み取ってあげるのと同じ行為になるのです。

絵の世界は自由ですよ。基本は何を描いてもいいんです。
でも話し合いでわざわざ「何のために」描くのか。最初の一歩は
「とっても大事なもの=みんなの気持ち」をくみ取るため、共有するために
表情9]を使ってほしいです〜。

この[表情9]の生まれた背景は、
「絵心がないけど会議を絵にしてみたい」という人のために
「最低限これさえ描ければ会議の大事な部分は絵にできる」というものを
過去の絵巻物をすべて洗いざらい見返して探ていたわけですが、

その作業の中で、わたし自身が、「話し合いは[表情]で出来ている」ことに
わたし自身が気づかされました。[表情]は気持ちを表現できる最強ツールです。
自分でも描いてみたい「9つの表情」 : comments (0) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28