トップページ > 新着情報
2019/Aug  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
後ろ向きなこと言う人は、大事な人だった!@絵巻物思考2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物】に描くというこの仕事のおかげで、今まで
見えなかったものが「見えて」きて、聴こえてなかったことが「聴こえ」てきたら

会議や打ち合せで、私の発言も変わりました。
仕事の進め方も、今まで遠回りしていたのが、短距離でたどれるようになりました。

20代のわたしがこれぐらい「見えて」いたら、「聴こえて」いたら…
もう少しいい社員だったのではと思うことばかり…σ^^;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【絵巻物思考2】
絵巻物思考で見たら、後ろ向きな人が大事に思えるよ(^.^)


やる気の無い後ろ向きな発言って
会社や会議では、言うべきじゃない、言ってもしょうがない
と、この仕事をするまで、心の中ではそう思ってました。

特に、会社員時代のわたしはかなり前向きだったので (;^^
会議でそういうことを言う人がいると

「そんなに後ろ向きに考えなくてもいいのに」
「言葉にしたら余計そういう気持ちになっちゃう」
「心で思っても言葉にしないほうがいいよ」

と言ったりしてました。

でも!

この仕事をするようになって

考え方が180度変わりました。

後ろ向きでネガティブな発言が、こんなにイイものだったなんて(・。・)!

というのも、後から絵巻物を見返すと、
うっかり拾っちゃっているのがこういう後ろ向きな発言の数々。
昔だったらそれほど大事だとも思わず、聞き流していたハズなのに。。。。
しかもこういうネガティブな発言ほど、それを聞きつけた瞬間の私は
いいこと聞いちゃったー♪」と嬉しくなって絵筆が勝手に走っている感覚なのです。

この本能的な判断は、間違っていないことが多く

(この仕事をするようになってから、頭で考えない
 体が反応したものほど、間違いが無い!)

やっぱり「いいこと絵にしちゃったー♪」なのです。

というのも、
確かに、 グラフィックフィードバック(絵巻物の解説)では
こういうネガティブな絵は会議室をシーンとさせちゃうことは…よくあります。
「ゆにさん絵筆でバッサリ切りますよねー」と言われたこともあります。

でも結局、あとで一番人気を集めるのもこういう絵なのです。
コレコレ!」「よくぞ描いてくれた!」と。

なかなか普段の会議で言えないことを、
誰かが言ってくれた絵ほど、大人気です。

そして、それを起爆剤にみんなの本音もあふれ出てくるんです。
しかもかなり楽しそうに本音をぶっちゃけあってる。

さっきまでよそよそしい感じで座っていた人たちが
1つになった!つながった!って感じすらあります。



絵巻物を描くようになって見えてきたこと

会議室で第一印象、すごい難しい顔でビジネストークをしている人も
本当はそんな堅苦しい会議をしたいワケじゃなかったんです。

びっくりするぐらい、ほとんどの人が楽しく議論したいと思っていて
楽しく議論するには「本音」が起爆剤でした。

「やる気のない後ろ向きな言葉」ほど
ウソの無い、本音の象徴、なんですね。

だからみんなのをつかむ。

前向きでポジティブな絵が他にもたくさんあっても
後ろ向きでネガティブな絵のほうが大人気です。

また、経営者や事業部長など、役職の高い人ほど
こういう後ろ向きな絵がほーんと大好きです(o^^o)。

いの一番に絵巻物の中から見つ出し、ニヤニヤ指差しながら
「こう思ってるんだ〜やっぱりなー」と笑っています。

リーダーほど実は「メンバーの本音」を聞きたがってました。

本当に腹落ちしているのか。
心からそう思って発言しているのか。

表向きに前向き発言よりも
本当に聞きたいのは本音の部分なのです。

絵巻物が教えてくれたこと

後ろ向きなこと言う人は、本音で会話したい人でした。

おかげで今ではそういう人を見つけると、嬉しくなって
絵でうっかり拾っちゃうように、思わず飛びついて
「その本音がいいね!」といじっています。

もし近くに後ろ向きなことばっかり言ってる人がいたら
一度いじってみてください(^^)

本音で会話できると、意外な一面が見えてきて、
新しい関係性がつくれるようになるんです。

わたしも昔は、聞き流したり、心の中で否定したり
そういう人には近づけない苦手意識があって
どちらかといえば後ずさりしてました。

でも今では後ろ向きなことを言う人ほど
愛おしく思えてきて、後ずさりするどころか、
反射的に前のめりになってます。

おかげで、もうコワいもの無いです。
苦手な人っていないかもってぐらい。



本音で語り合えると、本当はみんな嬉しい。

その逆は、本音で語り合えないままでは
どこか前への歩みは、遅くなっている。

そこでもう1つの応用編として、わたしは
打合せで、会議で、絵筆を持っていなくても

もしかしたらこんな後ろ向きな心の声があるのでは?
と仮説立てて話をするようになりました。

するとおかげで、結構な確率で、
未来行動を止めてる本当の課題が見えてきます。

後ろ向きでネガティブ発言、万歳!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物思考】で考えてみると(見えた聴こえた)シリーズ
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=9
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読みもの【絵巻物思考】 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28