トップページ > 新着情報
2019/Oct  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
お金があっても買えない…新しい経済とは[ITと新社会]報告2
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お金に変わる価値とは? 例えば、わたしたちを笑顔をにしてくれてありがとう
そうお礼を言いたくなる、そんな価値観の交換のある社会。豊かだよ〜(^^)
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[ITと新社会デザインフォーラム2011]日本が変わる。ITが創る
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=144
ひきつづき、グラフィックを一部ご紹介します。

※[ITと新社会フォーラム]報告1はこちら
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=170
予測不可能な未来に打ち克てるのは「人間の創造性」という無限資産


下の絵は、1つ前の記事[ITと新社会フォーラム]報告1で紹介した
人間の創造性をかりたてる「カーニバルなにぎわい」を描いた絵ですが

その中のある一人をフォーカスしてみました。
紺野先生の「創造性経済のデザイン」という講演の中で
経済の源になる」という言葉を聞いて、
思わず集金に回る道化師を描いていました。

大道芸が終わった後に帽子を出して回っているという絵です。
これからはこんな人間の創造性がかきたてられるような場に人が集まり
心が動いたからお金を払うわ!」と「チャリ〜ン」とお金が落ちる音。

このとき描いていたときのわたしは「経済の源になる」とは
単に「お金が集まる」というイメージで描いていたのです。

しかし、震災前のフォーラムで描いていたこの絵を、震災後ふりかえってみたとき、
その対価はもはやお金ではないのだろうと思えました。

お金があっても、食料がない、水がない、電池がない。
お金があっても、ガソリンが手に入らない。電力が買えない。

そして一方で、お金さえあれば、買い占めが起きた。
本当に必要な人たちのもとにガソリンも食料も届かない状態を引き起こした。

今回の震災直後の買い占めの現場では、
この絵のように「心が動いたからお金を払うわ!」というお金の払い方とは
対極の世界が広がっていました。

お金ってなんなんでしょう? これまでの経済ってなんなんでしょう?

この絵の背景には、これまでの資産や価値基準は通用しない
全く新しい経済が生まれている世界が広がっているのかもしれません!

これからの時代、お金に変わる、新しい価値評価の仕組みとは?

それは、この帽子に「心動いて」払いたくなるようなもの。
心からありがとうを伝えられるようなものかもしれません。

ボランティアの気持ちにお返しとして渡したくなるようなもの。
希望を感じたよ、勇気をもらったよ、未来を感じられたよ。

笑顔にしてくれてありがとうが伝わる何か…ボランティア通貨とか?!

日本には、大道芸にチップを払う文化は
海外に比べるとまだまだ浸透していないように思いますが、

わたしたちを笑顔をにしてくれてありがとう
そうお礼を言いたくなる、そんな価値観の共有で満たされていく。

そんな社会に変われるといいな。
これからの時代の豊かさといえる1つのシーンともいえます。

***
フォーラムの内容をグラフィックファシリテーションの視点から
グラフィックレポート(pdfファイル)にまとめました。

NTTdataさま&NRIさまから許可をいただきましたので
近日中にサイト内にアップしたいと思います。

***
[ITと新社会デザインフォーラム2011]日本が変わる。ITが創る
登壇者のみなさんと講演資料はすべてこちらからダウンロードできます。
http://www.shin-shakai.com/program.html
GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28