トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
日本中の研究者・技術者は急かされている? JST 研究開発戦略センター
公開できるWSがなかなかないのですが、久しぶりのご報告デス。

今月、絵筆を持って参加したワークショップ
俯瞰プロジェクト」のグラフィックを紹介します。

何を「俯瞰」しているかというと・・・
※絵はクリックすると拡大して見られます

として投資すべき電子情報通信系(*)重要研究開発領域とは?」

電子情報通信系とは:ここでは次の6領域:エレクトロニクス/フォトニクス/
コンピューティング/セキュリティ・ディペンダビリティ/ネットワーク/ロボティクス

主催 JST 研究開発戦略センター(CRDS)さま 
JSTとは:独立行政法人 科学技術振興機構 Japan Science and Technology Agency

として投資戦略を明確にするために
産官学の専門家によるワークショップが2年に1度 開催されています。今年はその5回目。

重要な技術分野・研究開発テーマを洗い出し、その成果は戦略プロボーザルとしてまとめられ
科学基本技術計画」の策定プロセスや文部科学省などでの
研究開発プロジェクトの設計に活用されています。

…と、絵にするには何やら難しそうですが(;^_^

わたしが描いたセッションは「社会と情報編」ということで、
研究開発の現状と今後のあるべき方向性やファンディングの問題、
研究開発の成果を社会の発展に結びつける仕掛けについてなど
自由に議論しあう発散系ワークショップでした。

そこで描いた絵の中から、個人的に気になった絵をいくつかご紹介します。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

この日はとにかく「若い技術者・研究者が元気のない」絵が描けました。
※絵はクリックすると拡大して見られます

企業規模に関係なく、どの技術者・研究者も悩ましい表情・・・。
※絵はクリックすると拡大して見られます

下の絵は「利益を生まないならツブしちゃうよ」と会社から脅されている研究所の絵です。
※絵はクリックすると拡大して見られます
長期的な研究開発をしたくても、短期的な結果を出すことに走らざるを得ないという絵。
この絵って、実はこれまでもいろんなところで描いているのですよね。
この「俯瞰プロジェクト」でも描けたということは、日本国中の研究所に蔓延している?!

日本の未来をつくりだせる技術者・研究者にはそんな顔しないでほしい…
と思っていた一方で、下の絵の中の左上に描けた青いビルは、ある研究所なのですが…
※絵はクリックすると拡大して見られます

研究所の中では一人一人が「じぶんの研究はこんなにスゴい!」と主張しているのですが、
外から見ているヒトには「何がスゴいのかよくわからない」という絵です。
アレ?お互いさま?

上の絵の中央には「抱え込み」「自前主義」な日本企業が描けているのですが
いくら日本の技術力がスゴい、品質は最高だといっても、その間に
海の向こう(絵の右側)はどんどん事業力をつけてお金に変えている、という絵です。

※絵はクリックすると拡大して見られます

シリコンバレーなど海外では失敗経験が投資判断の1つにもなっているという話から
下では、海外の技術者・研究者が「ニッポンの科学者・技術者はタイヘンネー」と言っています。
※絵はクリックすると拡大して見られます

日本の技術力が世界の中でどんな立場を取っていけるのか。

普段は企業の中でビジョンを描くことが多い私ですが、今回は
「産官学が力をあわせたからこそできることってなんだろう?」
を改めて考えさせられた日でもありました。

外の世界ともっとオープンにチームを組みながらも、そこにはもっと力強い
日本にしか描けない絵」を描きたいなあと思いました。

次の機会があるなら理想は、日本中の技術者・研究者の人たちがその絵を見て
「今、目の前の研究は、日本の未来のためにやっているんだ」と実感できる。
そんな絵が描ける議論にしたいと思います。

●参考までに●
過去の「俯瞰プロジェクト」の報告書のURLは以下 ↓ 
未来を描く」をテーマとしている方は一読オススメです。

俯瞰ワークショップ検癖神21年12月)
http://crds.jst.go.jp/output/pdf/09wr04.pdf

俯瞰ワークショップ掘癖神20年3月)
http://crds.jst.go.jp/output/pdf/07wr15.pdf

俯瞰ワークショップ供癖神18年3月)
http://crds.jst.go.jp/output/pdf/05wr16.pdf

俯瞰ワークショップ機癖神16年5月)
http://crds.jst.go.jp/output/pdf/03wr02.pdf

わたしは電子情報通信分野にはまったくのシロウトなので
今回の準備でも、上の報告書は目を回しながら読みましたが

「?」「!」の連続でオモシロかったですよ〜未来を感じる内容だからかな?! 
読み取り方はかなり勝手気ままなシロウト目線ですが(^^ )たとえば

「電池や配線に依存しない」なんて可能なの?! とか

「今後半世紀を費やして「大規模“知識”情報基盤」の構築に取り組む」って
ナニナ二ナニ?!ワクワクワク とか

を電気に変換するプロセスを省略できたら、省エネに貢献」って
…今ってまだ全部がでつながってるわけじゃないんだ…へ〜 とか

この世界は、いつものことながら、まったく知らないことだらけで
いつも以上に脱線して調べものしました。直接WSには関係なかったですケド(;^_^

日本の強みや弱み、これからの未来が垣間みれます。
GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28