トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
シロウトな私が読んでもワクワク(^^)今後国が投資すべき研究開発領域とは
JST(*)研究開発戦略センター(CRDS)さまより、
*JST=独立行政法人 科学技術振興機構 Japan Science and Technology Agency 

電子情報通信分野 俯瞰プロジェクト V 報告書』が届きました(2012年5月)

電子情報通信分野未来ネタ」満載。シロウトな私が読んでもワクワクします(^^)
未来」や「イノベーション」をテーマに議論をされている方には一読の価値ある一冊。

↓ ウェブでも読めます☆ 『電子情報通信分野 俯瞰プロジェクト V 報告書
http://crds.jst.go.jp/type/others/201203040033

(このプロジェクトの一環として)国としての投資戦略を明確にするために
産官学の専門家による「俯瞰ワークショップ」が昨年2011年9月に開かれたのですが
そこで私もGFで参加させていただきました。

そのときに描いたグラフィックの全15枚も報告書に掲載されています。
※クリックすると拡大して見られます
この「俯瞰プロジェクト」とは

「今後、国が投資すべき研究開発領域を見出し」
「それがなぜ今必要で投資に値するかというシナリオ」と
「その研究領域の成果が実際に世の中に実装され、
 効果を上げるまでの仕組み(ファンディングの仕組み、成長の仕組み)」

をまとめる取り組みです。
(本誌より抜粋:電子情報通信分野 俯瞰プロジェクトV 実施の趣旨)

※クリックすると拡大して見られます
世の中「俯瞰」という言葉の使われ方は色々ありますが
国としての投資戦略を明確にするために」というだけあって
これほどの情報の網羅性といったらなかなか無いのではないのでしょうか。

※クリックすると拡大して見られます
15枚グラフィックのうち一部は以前このサイトでも紹介させて頂きました(^^)
↓ ご参考までにこちらもよかったら

2011/09/22記事「日本中の研究者・技術者は急かされている?」
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=185
GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28