トップページ > 新着情報
2018/Jun  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
何のために話し合っているんだっけ?@絵巻物思考3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物】に描くというこの仕事のおかげで、
 今まで見えなかったものが、見えてきて。聴こえてなかったことが、聴こえてきて。

例えば、まったく違うテーマの会議でも、議論の迷走や
意見がまとまらないとき、必ず同じ絵が描ける=[共通点]があったり、
どの会議でもデキるリーダーは、だれよりも見えていて、
見ているものは共通で(同じ絵が描けたり)などなど。

【絵巻物】のおかげで驚き(・o・)、学ぶことばかりです(^.^)!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【絵巻物思考3】
絵巻物で考えたら、ブレないよ



一定方向に伸びる」絵巻物に
話し合いを描き続けるようになって

会議の最中に、途方に暮れることがあります。

「何のために絵巻物にしているんだっけ?」
「どこに向かって描いているんだっけ?」

言い換えると
何のために話し合っているんだっけ?」
どこに向かって話し合っているんだっけ?」

「一定方向に伸びる」絵巻物に描くようになったおかげで
辿りつく先」が、とても気になるようになったのです。

議論が迷走したり、袋小路にハマりだすと途端に
絵巻物のこの一定の方向性と不具合が生じ出して

「今は一体どこに向かって話しているんだっけ?」
と問いただしたくなってくる。

実際「何のために」を忘れて
目の前の話に夢中になっている話し合いの
ビックリするぐらい多いこと…


…なんて、わたしこそ、
しゃべり出すと目の前の話題から
発散拡散してしまうタイプなので

エラそうなことを
言えた義理ではないのですが(-_-)

どんな会議であっても多くが、遠い先より
目の前のことにみんなの目線が向きがちなのです。


描いていてわかるのは、話し合いの多くが
先に進んでいない。停滞している。ソレている。
で、大事な話し合いはまだしていない。

わたしは
絵巻物というブレない軸」の上に居るから
わかるようになったのだと思います。

人間って、遠くを見るのが苦手な生き物なのかも。

でも、話しているヒト達は、
特に腕を組んだままだったり
ホワイトボードも使わないと尚更
そのことに気づかないものなのです。

ただ、わたしにとって今や
話し合い=肉体労働。

一向に未来が見えて来ない話し合いというのは
ものすごく辛くなるのです…(-_-)

先が見えないまま
どこに向かっているのかも掴めないまま
発言を追いかけていくというのは
しばらくすると、ものすごーく堪え難くなってきて

今「どこに向かって」話し合っているんでしたっけ?
今日は「何のために」話し合ってるんでしたっけ?
と助けを求めています。



ただ、そんなふうに
わたしが悲鳴を上げる前に
必ずどの会議にも

「その施策って何のため?」「それをすることは本当に必要?」

と問うて話し合いの方向性を軌道修正してくれる
素敵な人達が現れます(・´ω`・)

「この人がいると会議が違う!」
とわたしが思わず唸ってしまうリーダーたちです。



絵巻物が教えてくれたこと

会議で光る発言をするヒトっていますよね。

そういうヒト達は、
絵巻物思考をすでに持っている?!
だから見えている?! とハッとさせられます。

わたしもそうなりたいと思うようになり
わたし自身は「絵巻物」という
一定方向の軸」を思い出すことにしました(その先は未来)。

おかげで今では、
話し合いが停滞している、ソレているということが
絵筆を持っていなくても、結構速い段階で見えてきました。

そして、
「わたしたちは○○のために話し合っているんですよね。
 ということは…」と言えるようになりました。

でも同時に
反省モードになることも本当に増えました。

「わたしってよっぽど狭い視野で話してたんだなあ」と(-_-)。

それでなくても絵筆を持っていないときのわたしは
「いいこと思いついた!」と思うと
話をコロコロと、聞いているヒトを混乱させ、

挙げ句に自分で
「あれ今わたし何の話してたんでしたっけ?」
と方向性がわからなくなる、ということが多々ありまして…( ̄▽ ̄;)

よく会社員の頃は上司や先輩に
「何が言いたいんだ」と言われて凹んでました。

自分の会話を絵巻物にしたら、それこそ悲鳴もの…

でも、もう1つ、絵巻物が教えてくれたこと

それは肩書きのある社長や役員、教授といった
人達があつまる会議ですら、会議の途中で

何を話し合いたかったのかわからなくなる
なんてことが、頻繁に起こっていたのです。

しかも、思いが強い会議ほど
議論が迷走したり

逆に形式を重んじる会議では
思いも聴こえてこないがゆえに
どちらに進みたいのかわからない停滞状態。

そういうことに気づいてから
個人的には「な〜んだ(^•^)」と開き直りまして

まず「発言をためらうこと」はやめました。
だって、あふれ出ちゃう思いは止められないんだもん!と。

ただその代わり
この「絵巻物」という軸を常に思い出して
じぶんから軌道修正するようになりました。

おかげで以前に比べたら、
話し合いの場にいるときの私
少しは成長したと思うんですけど…

どうかな(;^_^ ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物思考】で考えてみると(見えた聴こえた)シリーズ
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=9
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読みもの【絵巻物思考】 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28