トップページ > 新着情報
2018/Jan  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
不満があるのは、なんとかしたい!ハートのある証拠@絵巻物思考4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物】に描くというこの仕事のおかげで、
 今まで見えなかったものが、見えてきて。
 聴こえてなかったことが、聴こえてきて。

例えば、まったく違うテーマの会議でも、議論の迷走や
意見がまとまらないとき、必ず同じ絵が描ける=[共通点]があったり、
どの会議でもデキるリーダーは、だれよりも見えていて、
見ているものは共通で(同じ絵が描けたり)などなど。

【絵巻物】のおかげで驚き(・o・)、学ぶことばかりです(^.^)!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【絵巻物思考4】
絵巻物思考で聴くと、
不満を言っている「本心」は、別にあるのが見えてくるよ



この仕事をするまで
不満」って、悪いものだと思ってました。

組織に対して愚痴ってみたり、 会社のあり方に文句を言ったり、
目の前の仕事の進め方に対して、イライラ腹を立ててみたり…

じぶんが不満を口にしているときのことは棚に上げつつ ^^;
他人がそう言ってるのを聴くと(共感するときもあるけれど)
多くは、いい気持ちがしなくて眉をひそめたり…

でも、誤解でした(・o・)!
絵にしてみたら、とにかくイイ絵を描かせてくれるのが
「不満のある」人たちの発言の数々。

とにかく「不満がある」人たちの言葉には
イライラ、モヤモヤ、イライラ、メラメラ!
エネルギーがあるんですよ〜


何も言わずに静観している人たちに比べて
あふれ出て来るこのエネルギーの源って?

一見すると、愚痴っているだけに見えるかもしれないけれど
イライラする、嫌だなと思う、腹がたつ…こうした感情って
その実態は真剣に「今の状態」に不満がある人たちでした。

「理想」とのギャップにイライラモヤモヤしている。
「こうありたくない!」という思いが強い。
「なんとかしたい!」という 思いが強い。

そして実際、必ずといっていいぐらい
いっしょに「ハート」が描けてくるんです。

不満があるのは「なんとかしたい」ハートのある証拠でした。

その組織や、会社や、プロジェクトに
だれよりも強い思いがある。がある。

好きだから、不満にもなる。
ちょっとした恋人同士の関係図みたい…。

思わず「それだけ組織のことが好きなんですね〜!」
と、ご本人たちに伝えたら
「好きでもなんでもないですよ!」
と、言われたこともありますが σ^_^;

そうやってムキになる様子を見て
ますます「好きなんだな〜」なんて思っています。

だって正直、第三者であるわたしにとっては
どんなに不満の絵を描いても…そこまで腹が立たない。

腹が立つって、エネルギーいりますよ〜。
その源泉を辿ると…やっぱり恋愛理論と同じで
嫌いは好きの裏返し。嫌いの反対は無関心です。

そして言葉になっている不満(モヤモヤ)と
本心(ハート)はじつは全く違う
ってこともよくあります。
本当は、みんなと一体感を持ちたいだけ。
本当は、毎日会社に楽しく出社したいだけ。

だけどその本心(ハート)とはかけ離れた現実に
イライラモヤモヤ…

こっちはこんなに好意を持っているのに!
相手はこっちを大事にしてくれない!
相手は好きと言ってくれない!
誉めてもくれない!認めてもくれない!

…で、不満となって表出してきているだけ。

最初の素直な思い(ハート)を伝えること
つい忘れてしまうんですよねー。

そもそもそういう素直な気持ちを伝えることに
だれもがどこかぶきっちょみたいです。

でもハートがあるということはそれだけ
未来へ突き進むエネルギーのある証拠。

不満を言える人たちほど、その反動
「未来、理想はこうありたい!」という絵を
はっきり描かせてくれるパワーがあります。

不満を描き留めれば留めるほど、力強い未来が描けてくるのです。


絵巻物が教えてくれたこと

不満というモヤモヤの後ろにハートが描けることを知ってから
人と会話をするときに、話がモヤモヤし出したらとにかく
ハートの所在を意識するようになりました。
これだけでだいぶコミュニケーションがラクになったかな。

使い方

パターン1:モヤモヤ不満を言っている人を見つけたら
興味津々でその人のハート=本当に言いたいこと=本心を探す。


パターン2:不満をじぶんが言いたくなったら
「好きだから(ハートがあるから)不満を言います」と
ハートを先に伝える」ことを忘れないようにしています。

実際、これはわたしのクセなのですが、仕事で相手にモヤモヤ
「どうしてこうなるの?」「違うんだけどなー」と感じたことを伝えたい時

どうも、気を遣い過ぎて遠回しに言ったり、
冷静に論理立てて説明したりするせいで
返って表現が遠回しになって、言いたいことが伝わらない…モヤモヤ
ということがよくありました。

でも「ハートを先に伝える」ことを意識しだしたら、
素直にスムーズに「こうしてほしい」が言えるようになったんです。

ひとって「言っていること」と「本心」は違うことが本当に多いです。

まだまだ絵筆を持ってないと私自身、
相変わらず発言そのものを真に受けて
傷ついたり、ムッとしちゃったりしてますが、

それでも昔に比べたらだいぶ
ハートを探す余裕ができてきたのではないかと思ってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物思考】で考えてみると(見えた聴こえた)シリーズ
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?cid=9
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読みもの【絵巻物思考】 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28