トップページ > 新着情報
2019/Dec  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
本当の[腹落ち]を目指すなら「言っている意味がわからない〜」 と言える関係性が大事@絵巻物思考8
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物】に描くつもりで聴いていると、
今まで見えなかったものが「見えて」きて
聴こえてなかったことが「聴こえ」てきて

会議や打ち合せを「俯瞰できる」ようになり
「人の気持ちを汲み取れる」ようになったら

話し合いがまったく違うものになりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【絵巻物思考8】
絵巻物に描くつもりで聴くと
自信を持って「話が見えない」と言えるよ


前回の「ナンダみんなも今の話よくわかってなかんだ」の話の続きから

これまたここだけの話、
みんな意外と話が[見えてない]んだとわかったとき
正直わたしが一番ホッとしてましたσ^_^;

というのも、そもそも、わたしが話を絵に描くようになったのは
完璧にコンプレックスからのスタートで

「メモを取らないと、言っている意味がよく理解できない…」
話についていけないから、とりあえずメモ…」
と、やむを得ない状況から始まってます。

会議や打ち合せで、メモを取らずに聴いている人を見るたびに
「よくこの話についていけるなあ」
「よく覚えていられるなあ」とうらやましく思ってました。

営業時代には、お客さまの前でせっせとメモをとっていたら
先輩営業マンから
「そんなに何でもメモったら相手はしゃべりにくいだろ」
「あれぐらいのことメモせず覚えろ」と言われましたが

おかげでますます
「メモらないで覚えておくなんて絶対ムリムリムリ〜」と

ライナスが手放せない毛布のごとく
メモとペンは手放せなくなりました。

ようは、聴いている瞬間に
何が大事なものかよくわからないので
取捨選択できず、とりあえず何でもいいから全部書いて
後で見直すの繰り返し。

あ〜あ〜、アタシってアタマ悪い(-_-)。でも書かないとほんとに
話が見えない]のだからしょうがない…。

と、そんな「書かないとわからない」が染み付いているので
この仕事をして、みんなが教えてくれたホンネに、かなり救われたのでした。

「あれ? みんなもわかってなかったの?」
「なんだ、そこまで真面目に聴いてないの?」

それでなくても絵巻物の絵は、決して「正しい絵」ではなく

あくまでも「わたしにはこう聴こえた(見えた)のですがどうですか?」
とその先の議論のタタキ台として描いているわけですが

それでもみんなが「見えた」といって喜んでくれる。
「見えた」からこそ「いやそういうイメージじゃない」と議論を交わしてくれる。

さらには、社長の話が絵に描けなくて、ホントにうっかり

「うーん、社長の言っている意味がよくわからなかった

と言っちゃったときには…

参加者から大ウケでした(・o・)。

それはある会社で、社長が事業部長クラスの人たちを集めて
これからの下半期の戦略を語っていたときのこと。そこで

社長が言ってる「変革だ」がどうしても絵にならない
今日の大事なテーマのハズだけど、絵に描けない

絵に描けない」とは、たとえば「変革だ」と言われたら
「何かから何かに(A→B)変わる」みたいな絵を描きたくなるわけですが
「何(AとB)」については具体的な話が一度も聴こえてこない。。。

「改革じゃダメだ、変革だ。意識も行動もこれまでの延長線ではダメだ。
 そのためにはトップに立つ君たちが自ら変わることだ」
「変革だ、変えるんだ、変わるんだ!」

で、結局、絵が思い浮かばないまま、こんな絵になっちゃって

(あ、これ一応、カエルですσ^_^;)

そんな、絵に描けなかった苦しさのまま
「社長のおっしゃってる変革の
 具体的なイメージがよくわからなくて
 カエルが変身しようとしている絵になっちゃいました」
と、フィードバックしたら

後で、事業部長さんたちにとっても喜ばれました。
「よくぞ言ってくれた!」みたいな。
(でも言っちゃった直後に会議室を振り返ったときは
 なんだか冷たく静かな空気が流れてましたけどσ^_^;)

この「絵に描けない〜」という出来事は
このときに限らず、たびたびありまして

わたしとしては「絵に描けない」と内心アセっています。
絵に描けない=仕事してないと思われたらイヤだ」みたいな
意地もあって、なんとか描こうとしてるのですが
でもやっぱり描けない

そんな状態のまま
グラフィックフィードバック(絵巻物の解説)する時間がやってくるので

たいていそんなときは、絵巻物を睨みつけながら
「うーーーん、描けない、どう描いたらいいですか」
と唸っていますが

そのたびに参加者のみなさんが
わたしもわからなかった」「だれもイメージ出来てない
じつはわたしも」「じつはとボクも」と教えてくれるので

わからないと言える」って大事だなーと思っています。

わたしは[絵に描けない]がゆえに
うっかり言えるようになったわけですが

わかりたいけど、わからない、教えてください」と言えたところから

わかりあおうとする」「わかりあえる
が始まっていくのを目の当たりにすると

話し手がどんなに詳しく丁寧に説明しても
聴き手が[腹落ち]するかどうかは別問題なわけですから

話し手は言って終わりと思いがちだけど、 実際は、
聴き手が話を聴いたところからがスタートなのですね。

絵巻物が教えてくれたこと

本当の[腹落ち]を目指すなら

話し手が[話し終わってから]が本当の始まり。
そこで「言っている意味わからない〜」 と言える関係性
あるかないかがとても大事だと実感します。

話し手は、一方的にしゃべった後こそ、
聴き手に、そんなふうに言ってもらうためにも
聴いて感じたままに、吐き出してもらう時間を用意すること。

聴き手も、黙って帰らない。
わかりたいけど、わからない、教えてー」です。

ここで一つだけ注意することは
単に「わからない」「何を言いたいのかわかない」だけでは
言葉足らずで相手もムッとしますσ^_^;
わたしも社会人のころよく言われて傷ついてました。
「お前、何がいいたの言ってる意味わかんねえ

大事なのは
,錣ろうとしたけど△錣らなかった6気┐董
の3ステップです。

わたしが社長さんに叱られなかったのは
「,覆鵑箸思い描こうとしてみたけど∋廚ど舛韻覆った」そして
「どんな絵をイメージしておっしゃってましたか」
と聴いて描き足しているからだと思います。

実際、ペンを持って絵に描けなくてもいいのです。
頭の中にを思い浮かべてみるという.好謄奪を入れるだけで違います。

「具体的に」3D空間広げて、登場人物を思い描こうとしてみて…
(※絵筆を持つより、頭の中で想像妄想するほうが
  ずっとリアルで動きのある絵になります)

でもウ〜ン…何も思い浮かばない!というときに一言

,錣ろうとしたけど△錣らなかった6気┐董」です。

相手が言わんとしていることをなんとか
頭の中にを思い浮かべてイメージしようとしたんだけど…

そんなこちらの「気持ち」を伝えるだけで
わかりあう」はスムーズになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【絵巻物思考】で考えてみると(見えた聴こえた)シリーズ
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin /blog/index.php?cid=9 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読みもの【絵巻物思考】 : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28