トップページ > 新着情報
2019/Aug  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
絵空事に終わらせないフォロワーシップ♪COC「地(知)の拠点」熊本県立大学によるフューチャーセッション
先週末、絵筆でお手伝いした熊本県「大津町フューチャーセッション
速報の第2段(速報第1弾はこちら→「絵空事に終わらない!」)熊本県立大学さまホームページに早速、当日の様子が
まるで実況中継のように報告されています(^◇^)

わたしも絵巻物報告をこのサイト上でアップする予定ですが
カンペキ出遅れております(^^ゞ ↓先にこちらご覧ください。
http://puk-coc.info/?p=460大津町フューチャー・セッション
2015年6月27日13:00〜17:00
大津町 生涯学習センター大会議室

今回のフューチャーセッションの勝因は、
先頭を走る大津町役場の緒方さんと熊本県立大学の丸山先生と
その後ろをがっちりサポートする熊本県立大学のみなさんのチームワークに他なりません。

今回は、この絵空事に終わらせない「フォロワーシップ」にも注目してほしいです。

フューチャーセンター・セッションでよく聞くのは
「当日盛り上がって終わり」とか
「後は集まった人たちの中から何か生まれれば」

…で、自然発生的に生まれたものって
私はほとんど見たことないんですケド…。

でも、本当に絵空事にしない気持ちがあれば、
場の主催者が「振り返り後工程参加しなかった人にも翻訳して伝えていく
気持ちも本当に大事と思います。

個人的にはこんなに早く報告書をあげた大学って、あったかな〜(^^ゞ
という驚きから感動しちゃったわけですが。それぞれが得意分野を生かして実行。でも、みなさんの気持ちは同じ!がポイントです。
絵空事に終わらせない」「熱の冷めないうちに次へ次へ」

「地域の人や組織のみんなを巻き込んで何かをやりたい!」
と思っておられる方にはアウトプットだけでなく
そこに至るスピード感実行力、彼らが見ている目線の先を知っていただきたいです〜

とにかく打ち上げする前に次が始まっているというこの事実(#^^#)COC地(知)の拠点」を目指す熊本県立大学さまが
大津町と「地方創生」の課題に取り組んだ今回、
フューチャーセッションという手法を取り入れたわけですが

前日には、熊本県立大学プレ講演もありました。
その様子もレポートされています。
http://puk-coc.info/?p=445

丸山先生から「そもそもフューチャーセッションって何?」というお話や
わたくし(自称アンチ!フューチャー(^^ゞ)から
「会議(セッション)を絵空事で終わらせないために」というタイトルで
お話する機会がありました。
ここには載せられない「ここだけの話」ばかりでしたが…。*参加くださったみなさま*
言いたい放題「FCあるある」を挙げましたが、
まあ、うっかりやってしまうものなんですよ(^^;)
それでもイイのです。トライアンドエラーがFCのベース。
それよりも大事なのはそのことに気づけるか。

振り返りをしないで先に行ってしまうのが、これまた「FCあるある」。
熊本県立大学チームは、フォロワーシップで
まさに今「振り返り」にも取り組んでおられますよー。ところでこの熊本県立大学のグローカルセンターの会場にあった
カラフルな椅子、ステキじゃないですか(^^)

備え付けテーブルも広くて、足元に荷物が置けるお皿が気が利いてる。
後ろの人とグループつくるときなど、くるっと回転できるタイヤ付き。
ワークショップをするにはとっても便利!
来場される方も「これ、いいね!」とおっしゃってました。ちなみに、この日わたしは濃霧で阿蘇くまもと空港に着陸できず
福岡から、講演会に間に合うのか地理感つかめず、
ハラハラ汗だくで到着したのですが、

(おかげで九州新幹線に乗れましたが(#^^#)→http://yunibow.ldblog.jp/archives/52065688.html

到着したらこんな素敵な看板が(≧▽≦)丸山ゼミの学生さんたちの手書きです。
この日も次の日も熊本県立大学の学生たちのフォロワーシップ
いや、各テーブルで発揮していたリーダーシップに感動してました。

素朴で純粋なパワーに大人たちはかなり救われましたね(≧▽≦)
熊本県人気質なのかしらん?すっかりファンになってしまいました。

わたしからも全絵巻物をWeb上でグラフィックフィードバック。
マネできるウラ話もあわせてご紹介します↓

ーー大津町関連URLーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊本県立大学& 大津町(おおづまち) 役場の
絵空事に終わらない「大津町フューチャーセッション(FS)」

速報1 FSから生まれたプロジェクト早速始動
日々新聞/大津町役場内photoもアップしました。
速報2 COC+「地(知)の拠点」熊本県立大学のフォロワーシップ
県立大学のサイトに(当日&前日ゆに講演)記事アップされています

絵巻物1 [ネガ]大津町の未来に対する心配や不安から語り合う
大津町を「なんとかしたい」「ほっとけない」にハートが芽生えてきました
絵巻物2 [ポジ]大津町の宝探し→質より量20案!→未来の大津町が取材された新聞記事を作成
ネガに向き合った未来にはだれもがやる価値があると感じました。
絵巻物3 未来を思い描くというスゴさ、あなたは知らないヒトにどう語ります(^.^)?
手法に捕われないで!この日に「至るまで」と「終わった後」にぜひ注目してください。

ホンモノの絵巻物 完成!キンコーズさんの力作
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=384

ーーその後も続いています!URLーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年8月2度目の訪熊:第二回フューチャーセッション(FS)

絵巻物  第一回FSから生まれた「team貯蔵庫レストラン」
有志プロジェクトでもネガポジで思いを共有!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=387
↑イモ愛と覚悟を再確認&ブランド約束づくりに取り組んだ1日

チームワーク  熊本県立大学と大津町の
絵空事に終らせない「後工程からのフォロワーシップ」を再確認!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=386
↑未来対話を成功させるのは「ファシリテーター」の力量だけではダメなのです〜(^∧^)

あなたの町でも(あなたの会社でも)
「みんなで何かを生み出したい」と思ったら
「多様な知」から「多様な価値」が生まれるという
こんな「未来から語りあう」体験をしてみませんかo(^▽^)o

GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28