トップページ > 新着情報
2019/Oct  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
絵巻物2:宝探し☆熊本県立大学& 大津町フューチャーセッション
熊本県立大学大津町(おおづまち) 役場の、絵空事に終わらない
「大津町フューチャーセッション」絵巻物のつづきです。
第2弾はいよいよポジパートです(→絵巻物1ネガパートはこちら)午前中はバスツアーが準備されてました。(役場の気合いを感じます)
町外の人や大学生はバスに乗って大津町内を見学。バス見学から戻った大学生が
会場入り口のスロープに用意したホワイトボードに
今見てきた大津町の様子を絵に描いてくれてます。
※画像をクリックすると拡大して見られます。↓今回のファシリのお一人
熊本県立大学 丸山先生の似顔絵も♪さて、会場では、前半の絵巻物をみんなで振り返りました。(→絵巻物1はこちら)大津町の「なんとかしたい」「ほっとけない」
不安や心配事を、みんなで目と心に焼き付けて
ここから一気に「ポジ」へ対話を転換。ワクワクする未来を創っていくために、
まずは大津町の“宝”探しです。DiscoverOzu「大津町の宝」と思うモノやコトを出し合い、
新しいもの、古いもの、見えるもの、感じるもの
という4つのセグメントに分類し整理していきました。宝な風土、宝な人、宝な団体、宝な場所、宝な時間、宝な歴史 エトセトラ…

そこから描けてきた絵巻物が↓こちら

↓下の絵は熊本県を中心に九州を描いてます
「通り過ぎてしまう(ネガ)を逆手に取って
「どこでも行ける」「どこも同じぐらい時間かかるけどね!」
「熊本の中心!」という「宝なコト」がいくつも聴こえてきたので
地図を描いてみました。※画像をクリックすると拡大して見られます。地図にしてみたら…およ?熊本県の中では大津町は北寄り。
正しくは、九州の中心、だったかなσ^_^;
いずれにしても、こうして俯瞰して町を見直してみると
まったく違った「宝」が見えてきました。「阿蘇へ行くのに通り過ぎていってしまう(ネガ)」も
「休憩していけるよ」と素敵な「宝なコト」に生まれ変わり

「大津町にはお芋以外に無いの?」なんてネガの声も、
「からいもは大津町のソウルフード」という大きな「宝モノ」に!
「休憩して、ソウルフードのからいもを食べて行ってー」
と言わせてみました。↓下の絵は
「カブトムシを買わなくていい!」という声から
思わず描き始めた絵なのですが(東京では買ってマース^^;)
大津町の自然の絵があつまりました。

町の花「ツツジ」や花見で人気の「桜のトンネル」
「棚田」や「水田」という大津町の「宝モノ」を描いています。
※画像をクリックすると拡大して見られます。この後、アイスブレイクで「大津町を色で例えると何色?」
という問いがあったのですが、すでに絵巻物の上では
大津町は淡いピンクやキラキラ光る新緑黄緑色のイメージでした。

GF的には、 春〜夏〜秋の絵が多かったので
次は「冬の宝モノ」も描いてみたいな〜

↓下の絵(上半分)は
「とにかくデカイ運動場がある」「広いよね〜」
という声が聴こえてきて、どんだけ広いんだ?!と想像で
東京では描けない空の広〜い、グラウンドを描いてみました。
※画像をクリックすると拡大して見られます。熊本県立大津高等学校は
サッカー全国大会に出場するほどの名門校だそう。

この日参加してくれていた大津町にある
熊本県立翔陽( しょうよう)高等学校は
「フェンシング部が強いんです」とのこと。↓下の絵(上半分)は
大津町の宝「活気づいた老人」という付箋に
思わず吹き出してしまい、描かずにはいられなかったのですが

ほかにも「熱いじっちゃん」など声多数。
実際この日の参加で「第二の人生を謳歌中」のほとんどは男性でしたネ。
※画像をクリックすると拡大して見られます。「大津町を人に例えるとどんな性格?!」という
途中のアイスブレイクで描けたのが↑上の絵(下半分)

「引っ込みじあん」「内気」「シャイ」「おだやか」…。
これらの言葉から描けるのは優しい絵かと思いきや…

絵にしてみたら、そんな性格ほど他人からは見えないので
なんだか「周囲には無関心な、無表情な」人たちの
集まりに描けてしまいました(・o・)これは、もったいない!

でも一方で、多く聴こえてきた「イベント好き」という言葉から
確かにこんな町で初めてのフューチャーセッションにも
遅刻無しで大集合!という絵を描いていたら…「どこが引っ込みじあんなんですかー?!」
という絵が描けてきましたo(^▽^)o
これは今後、町のみなさんを巻き込んでいくには
いいヒントになりそうですね♪

「大津町らしさって何だろう?」を探りながら、
さらに掘り出した「宝」を使って
大津町おこしブレイン・ストーミングをしていきました。宝と宝を組み合わせたり、転用、代用、拡大、縮小、
再利用、逆転、変更、結合して、
10年後、20年後、30年後のワクワク作り。「やってみたい取組みのアイデアを
[目標数20個!]書き出してください」と言われて
「えー!」と言う声があがりながらも
追い込まれると、いい案が出てきますねー。
アイデアってまずは「質より量」だと本当に思います。そしてさいごは
大津町の明るい未来を思い描いて、
町が取材されたことを想像しながらの新聞記事づくり
(クイックプロトタイピング)にみんなで取り組みました。
これがまた面白いものがわんさか!
参加者のみなさんワクワクしましたよねー。

絵巻物は後ほどということで、まずは以下にて
未来の大津町の取材記事をご覧くださいo(^▽^)o
本当に実現できるかもしれない!と予感させるものもありますよ〜。
取材記事も付箋投票のシールが貼られてますのでチェックしてみてください。
※画像をクリックすると拡大して見られます。ーー大津町関連URLーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熊本県立大学& 大津町(おおづまち) 役場の
絵空事に終わらない「大津町フューチャーセッション(FS)」

速報1 FSから生まれたプロジェクト早速始動
日々新聞/大津町役場内photoもアップしました。
速報2 COC+「地(知)の拠点」熊本県立大学のフォロワーシップ
県立大学のサイトに(当日&前日ゆに講演)記事アップされています

絵巻物1 [ネガ]大津町の未来に対する心配や不安から語り合う
大津町を「なんとかしたい」「ほっとけない」にハートが芽生えてきました
絵巻物2 [ポジ]大津町の宝探し→質より量20案!→未来の大津町が取材された新聞記事を作成
ネガに向き合った未来にはだれもがやる価値があると感じました。
絵巻物3 未来を思い描くというスゴさ、あなたは知らないヒトにどう語ります(^.^)?
手法に捕われないで!この日に「至るまで」と「終わった後」にぜひ注目してください。

ホンモノの絵巻物 完成!キンコーズさんの力作
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=384

ーーその後も続いています!URLーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年8月2度目の訪熊:第二回フューチャーセッション(FS)

絵巻物  第一回FSから生まれた「team貯蔵庫レストラン」
有志プロジェクトでもネガポジで思いを共有!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=387
↑イモ愛と覚悟を再確認&ブランド約束づくりに取り組んだ1日

チームワーク  熊本県立大学と大津町の
絵空事に終らせない「後工程からのフォロワーシップ」を再確認!
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=386
↑未来対話を成功させるのは「ファシリテーター」の力量だけではダメなのです〜(^∧^)

あなたの町でも(あなたの会社でも)
「みんなで何かを生み出したい」と思ったら
「多様な知」から「多様な価値」が生まれるという
こんな「未来から語りあう」体験をしてみませんかo(^▽^)o

GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28