トップページ > 新着情報
2019/Nov  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
  次の月へ→
熊本・大津町で「創造的復興を考える」フューチャーセッションを開催します。
大津町(熊本県菊池郡)で「創造的復興を考える
フューチャーセッションを開催します。
↓画像をクリックすると拡大します。熊本地震の「記録」は残っているけれど、
記憶」もきちんと残していきたい。
そして、さまざまな人との対話を通じて、
大津町の未来へつなげる「創造的復興」をみんなで考えたい。

そんな主催者の思いから開催が決まりました。
県外町外の方も参加歓迎です(定員100名)

わたしも微力ながら絵筆で、大津町の未来のために
みなさんの思いをしっかり絵巻物に描き留めてきたいと思います。

「あのとき、あなたは、どこで、
 何を感じ、何を体験し、どんな事を感じましたか?
 4月16日に発生した熊本地震からちょうど半年。
 今あらためて、大事にしたい思いとは?」


聞き手としての参加も歓迎。
語り手として参加いただく大津町の方々には
震災で記憶に残る写真を一枚持参いただくそうです。

本当のポジのために、今こそネガの共有を!
ネガを吐き出しきって共有できた先には必ずポジが見えてきます。

【大津町(おおづまち)って?】
大きな被災のあった益城町や南阿蘇(東京で大きく報道されていたところですね)と隣り合わせの場所にあります。会場は、昨年6月に絵筆でお手伝いに行ったフューチャーセッションで利用した役場の会議室も、今回は使えないとのことでした(T_T)。

地震が発生する直前まで、大津町が取り組んできたフューチャーセッションやからいもスイーツの開発、青空カフェなど↓こちらにまとめてます。よかったらご覧ください。

「地方創生」に取り組む地域が得られる「本当の価値」を
熊本地震から再確認
@熊本大津町
http://www.graphic-facilitation.jp/cp-bin/blog/index.php?eid=419
もし大津町が昨年フューチャーセッションを開催していなかったら?
「もし開催しただけで終わっていたら?」


「大津町の創造的復興を考えるフューチャーセッション」
日時 2016年10月16日(日)13:00〜17:00
場所 美咲野小学校体育館(大津町美咲野1733-1)
定員 100名 (参加費 無料)
主催 大津町役場×熊本県立大学(地(知)の拠点)

お申し込みはこちらから
http://www.town.ozu.kumamoto.jp/information/_10929.html

わたしもがんばってたくさん絵巻物に残したいと思っています。
当日お会いできるみなさま、どうぞよろしくお願いします。
お知らせ : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28