トップページ > 新着情報
2017/Oct  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
今年よく描く絵【AI暴走】 世界も感じている「このままでいいのか」というモヤモヤ
この絵を描いたのは今年6月。
今年に入ってから本当によく描くようになった絵は
【AI】が引き起こす最悪な未来」の絵です。

こんな最悪な未来にしないために、どんな未来ビジョンを描くか。
世界は動き出しています。↓日経新聞(2016年9月30日付)
※画像クリックすると拡大します。
GFの現場でいつもネガを吐き出してもらうときに
「このままでいいのか」と感じていることは何ですか?と
モヤモヤしていることを語ってもらっているのですが、

そのモヤモヤは多くの場合、世の中の共通モヤモヤであって、
そして、多くの経営者やリーダーやベンチャーを興した人たちは
このモヤモヤを「ほっとかない」「なんとかしよう」とする。

ということを、改めてこの記事でまた1つ確信しました。

上の絵と同じ時に描けたのが下の絵。↑左下には
「頭を使わなくなった人間」が「ロボット」に描けています。
AIに働かされるどころかリストラされるという絵。。

これらの絵は、ある経営幹部候補生の研修で
「経営者として覚悟を決める」というテーマのもと描けてきた絵です。

今、各社さまAI専門部隊をぞくぞくと創設しています。
確かに、やらないわけにはいかない世の中の流れ。
一生活者としても、最適ながんの治療法が見つかるような
そんな人に役立つAIはぜひぜひ頼りにしたいです。

でもあえて経営者として未来を見据えて、ビジョンを描く前に
絵巻物ではおなじみ「ネガポジ」で語り合っていただいたとき
描けてきたのは、この最悪な未来です。
そうならないために、できることとは? したいこととは?

心のどこかで多くの人が感じている
こうした「このままでいいのか」というモヤモヤ
これからもしっかり可視化していきたいなと思います。

それから未来ビジョンを描くとき、よく

「豊かな未来社会とは」

というお題が多いのですが、
このお題だと描ける絵がこうなりがちな昨今。
そろそろ変えてみてはどうでしょう。

「より人間らしく生きられる社会とは」

そんな時代変化を絵巻物の上でとっても感じています。
GF会議の現場から : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントはありません。
: URL : : :
コメントする









絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28