トップページ > 新着情報
2019/May  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
今年最も(T_T)心が痛くなった絵!名付けて『サイレント ハラスメント』
リーダーとメンバーの間に描けてきたのは、
暗黙のうちにリーダーを遠巻きに見る境界線。
これってまるで集団のイジメの構図にも見えてきて…
※ 画像をクリックすると拡大して見られます(上の絵は、どんなリーダーになりたいかを語る前に
「こんなリーダーにはなりたくない」を語り合った
ワークショップで描けてきた絵の一つです)

リーダーを遠巻きに見る周囲の心の声をつないだら、
「被害者」として語っていたメンバーが「加害者」に見えてきて…
なんだか自分自身にも思い当たる節がありすぎて、
とにかく恐ろしくなりました。パワハラ、セクハラ、モラハラ、マタハラ、、、
いろんなハラスメントが生まれているけど、
声に出さなければ問題にならない?
目には見えない、声にもなっていない。
でも絵にすると確実にそこにある、危ういモヤモヤ。

思わず『サイレント ハラスメント』
と名付けてしまいました。

何気ない静観が、間違いなく孤立を生んでいて。
この絵を見つめていたら、孤立したリーダーに、もう一つの顔、
目にナミダを浮かべるリーダーが思わず描けてきました。

この絵は、会社組織に限らず、
社会のいろんなシーンに描けてきそう。
家庭、学校、地域、、、いくらでも描ける。
そう思ったら、絵筆が震えました。
ますます怖くなってきた。

「言わなければ問題にならない」という時代も、
AI?IoT?すごいセンサー?で
測定されて見える化されたら終わるのか?
いや、ますます表面的な沈黙(暗黙)が広がりそう…この絵を見た参加者の気づきから描けたのが上の絵。
「知らず知らずのうちに、人を評価していた」
「無意識のうちにレッテルを貼っていた」
ですね、ですね。その通りですね。絵に描くと分かることの一つは、
相手にも心の声があるということ。
でも人って、多くは自分の心の声の中だけで判断して
他人にいろんな評価や決めつけをしてしまうんですね。

そしてもう一つ、絵に描くと分かるのは、
そんな自分も、周りから見られているということ。
自分もじつは遠巻きの中心にいるかもしれないのに、
ついつい自分のことは棚に上げてしまうんですよね。「今の自分は周りからどう見られている?」

この問いで、この日(Day0)のワークショップは終了し、
参加者はモヤモヤを抱えたまま、この後、二日間のワークを通して
「イノベーティブ×リーダー」への道を模索していくというこのコース。

絵筆で描いて7回目になりますが、同じ絵を描くことなく、
毎回まったく違う殻の破れ方をするのがたまらなく面白いです。異業種、異部門、異職種の集まる
「他流試合形式」は本当におススメです。

実際、この2.5日のワークショップ終了後、
職場に戻った参加者が「変わった」という声が
送り出した企業の人事や上司の方から届いています。

自分がどうなりたいか(←ポジ)を探す前に、
リーダーになるためのスキルを身につける(←ポジ)を前に、
まずは、自分が何に捕らわれているかに気づくことが
本当に重要だと思います。
気づかぬままいろんなアプリを載せても、あまりこれまでと変わらない。

それを見つけるためにも、やっぱりネガ最高(^o^)
ネガのいいところは、気づきさえすれば効果が大きいところです。

ちなみに、この他流試合形式のワークショップ
「イノベーティブ×リーダーになる」に
「うちの若手も参加させたい」「自分も参加したい」
という方がいらっしゃいましたらご一報ください。
ご紹介しまーす(^^)/

株式会社ICMG
https://www.icmg.co.jp/service/leadership/
イノベーティブ・リーダー養成ワークショップ(他流試合)
GF会議の現場から : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28