トップページ > 新着情報
2019/Aug  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
『釜石の夢』 実現する「ビジョンを描く」って、どういうこと?と思ったら手に取ってほしい一冊
この本、スゴイです。
2011年に、今年2019年の姿を描いていたことに驚きます‼

『釜石の夢』
被災地でワールドカップを
Road to 2019
著者:大友信彦さん絵筆を持ってお手伝いする現場は
「ビジョンを描きたい」という場も多いですが

ただ「描く」のではなく、
「実現する」ビジョンを描くとは

これくらい喉から手が出るくらい
希望や未来が欲しい!という
「渇望」があるんだと思い震えました。

でも同時に、このタイミングに読み終わったからこそ
どのビジョンも実現した先に迎える新たなモヤモヤ。

ワールドカップが終わった後はどうなる、どうする?今週末、伺うまちづくりワークショップのために(詳細→こちら
事前に読んでおいてくださいと言われた本。
第四章が今回お邪魔する「鵜住居(うのすまい)」

今回はラグビーとは直接の関係はなく、
地域の人たちの語らいの場ですが

いつも描く前はよそ者にどこまでココロ開いてくれるのか、
ソワソワしながらに下調べしてるのですが、
これを読み終わったら、この一冊では語り尽くせない物語が
ぶわーっと迫ってきてもう、さらにソワソワハラハラしています。

東京からやってきた輩に、どこまで吐き出してもらえるか分かりませんし
本当の気持ちや思いを語ってもらえなければ、
絵巻物なんて役に立たず、行く意味すら無いですが
その状態もありのまま受け止めて描くつもりで頑張りたい。

ネガネガドロドロを描くために絵筆を握ってむかいます。
モヤモヤネガネガは紙に定着させて止める。
その反転こそ進みたかったポジ(未来)が見えてくる。
ネガはポジの裏がえし。

事前にこの本以外にも、いろんな情報や動画を読み込み過ぎて
アップアップしてますが、一番大事なのは現地入りして
この目で耳で肌で確認しないとです。

☆鵜住居地区復興まちづくり協議会・地権者連絡会の資料を見つけました
平成29年04月30日資料1
平成29年04月30日資料2 うのすまいこどもまちづくりプロジェクトの活動状況について
当日の意見交換
議事録

☆鵜住居地区まちなか再生計画
釜石市鵜住居地区まちなか再生計画(本編)180629
釜石市鵜住居地区まちなか再生計画(概要版)180629

☆釜石市観光振興ビジョン
釜石市観光振興ビジョン(本編)平成29年3月
釜石市観光振興ビジョン(概要版)
釜石市観光振興ビジョン実施計画 平成29年度〜32年度
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28