トップページ > 新着情報
2020/Oct  ←前の月へ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
  次の月へ→
ありがちなビジョンをつくっていませんか。「ありたい未来」をポジティブに語るだけでは絵空事。(JMAメルマガより)
日本能率協会(JMA)さまでのメルマガ配信が5月からスタートしました。
こちらでもご案内させていただきますー。月2(不定期)

※このメルマガは日本能率協会オンラインセミナー「グラフィックファシリテーション入門コース」の宣伝と受講してくださった方へのフォロー目的でスタートしました〜もうだいぶ前から公開しているのですが、このコロナ禍で受講者が増えたそうで、今までほったらかしですみませんでした。

↓2020/05/28 (木) 配信

【絵筆が教えてくれる会議ファシリテーションtips】
グラフィックファシリテーター®やまざきゆにこ

〈〈ありがちなビジョンをつくっていませんか。
「ありたい未来」をポジティブに語るだけでは絵空事。

とことん「健全な危機感」までネガティブに語り合い共有しないと!
あっという間にweb会議にも慣れ、
チャットも、オンライン飲み会も
当たり前になってきました。

「オフィスは要らなくなる」とか
「解約した」という声まで聞きますが、
同時にこんな相談を受けています。

「これまでのビジョンが通用しなくなる」
「全く新しいビジョンに描き直したい」


「人が集い、賑わい、つながる場づくりをうたってきたけれど…」
「働き方も、暮らし方も、全く違った価値観に変わる」
「オフィスの在り方も、都市の在り方も、デザインし直さなければ」
「ニューノーマル(新しい当たり前)…とは???」

しかしビジョンやありたい姿を語るとき
人はなぜか、どこかで聞いた話や
未来予測を評論家のように語りがちです。

結果、そんな議論で描ける
「未来予想図」や「他社でも描ける絵」は
社員の心をつかめません。

「ビジョンを描きたい」という
依頼を受けビジョンを描かせて頂く
グラフィックファシリテーターとて
お伝えしたいこと。それは

いいビジョンとは、
一人ひとりが心から「なんとかしたくなる」
イノベーティブな絵巻物であって

それは、一人ひとりが心から
「なんとかしたい」と思える共通のネガ
「最悪な未来」から
描けてきます。

↓「なんとかしたい」現状(ネガ)を先に語り合うと
↓「なんとかしたい」アイデア(ポジ)を
付箋に書いて貼ってもらいましたが、あふれ出る出る!!ありがちなビジョンをつくっていませんか。

「ありたい未来」をポジティブに語るだけでは絵空事。

とことん「健全な危機感」までネガティブに語り合い共有しないと!

今は最悪な未来を「自分事として」
語り合えるチャンスとも言えます。

「グラフィックファシリテーション入門」では
ひたすら(!)「ネガからポジへ
語り合うメリットとその方法を解説しています。

絵心が無くても、会議で使えるファシリテーションスキルを
ご紹介している2時間講座です。ぜひご活用ください。

日本能率協会オンラインセミナー
「グラフィックファシリテーション入門コース」

◆詳しくはこちら https://jma-mkonline.com/course/course04/【無料】お試し受講もご利用いただけます。
◆お申込みはこちらから https://jma-online.com/apply/
読みもの【メルマガJMA日本能率協会】 : comments (x) : trackback (x)
絵巻物1:町の心配や不安事から気持ちを1つに〜熊本県立大学&大津町フューチャーセッション
ゆに>>>7/12
農GUCCHI(のぐっちー)>>>7/12
また新たに20人のグラフィックファシリテーター誕生(^^)/
ゆに>>>1/23
ゆに>>>12/28
maruco>>>12/28