トップページ  >  プロフィール
プロフィール
 

プロフィール

グラフィックファシリテーター ® やまざきゆにこ
graphicfacilitator ® Yunico Yamazaki

絵空事で終わらせない、本気で価値ある未来の創造と実現に取り組む人たちのためにこの筆を持って尽力します。

 

 わたしがこの仕事を始めたのは、2005年、(当時)大手企業の人事課長をされていた方が、「アメリカでグラフィックレコーダーという仕事がある」と教えてくれたことがきっかけでした。その方がアメリカで撮影してきたグラフィック写真を見て、「私の日頃のノートみたい!」と驚いたのを今でも覚えています。すべては 「日本にはまだ居ないようだけどYuniなら出来るのでは」という一言から始まりました。

  それからひたすら会議に立ちあって筆を動かしてきました。その「場」に寄り添い、とにかく描きとめること。一人一人の違ったイメージをつないでいくこと。言葉と文字だけでは交わしきれない思い、理解をつないでいくこと。そして、時間軸とともに壁紙に現れたグラフィックの中の物語りを、それを描かせてくれた人たちに伝え戻していくこと。そして、またグラフィックから触発されて生まれた新たな議論や対話を、ただただ描きとめていくこと。そうして出来上がった絵巻物は、最初はその「場」のためだけに描いたものも、例えて言うなら、文字をもなかった古代の人たちが壁画を使って語り継いだように、確実に「場」の外の人達を巻き込み伝播・浸透を引き起こしていく力があります。

  いったん出来上がったグラフィックは、その後も、未来行動への探究を、見る人に語り続けます。その持続する絵の力を目の当たりにするたびに、私は絵筆でその「場」の思いを紙の上でしっかりつないで、未来に流れを起こしていくこと。それこそが、グラフィックファシリテーションの重要な役割であり、使命と自覚し、日々取り組んでいます。 2008年2月「グラフィックファシリテーターgraphicfacilitator」の商標登録がされました。この名に恥じないよう、これからも一層の努力を重ねていきます。

 多様な思いが集まる、議論・対話の現場で、未来を創り出す「今」という場に立ちあえることに感謝しつつ、 「今」流れている本質をつかんで、 「今」と「未来」をつなぐ絵を共に描き出すことに尽力します。そして一人でも多くの人たちの未来行動をサポートします。

yuni

「グラフィックファシリテーターgraphicfacilitator」は、やまざきゆにこの登録商標です。

 

連載

もっと詳しくグラフィックファシリテーションの効果について技術評論社webサイトgihyo.jpにて紹介しています。

 

メールマガジン登録/解除

連載の記事更新のお知らせを、やまざきゆにこから送らせていただいています(月1回程度)。
登録/解除のご希望の方は下記にメールアドレスを入力してください。

登録

解除

 

お申し込み・お問い合わせ

下記アドレスにメールにてご連絡ください。連絡先を忘れずにご記入ください。

gf@graphic-facilitation.jp

 

グラフィックファシリテーション導入をご検討されている方へ
以下差し支えない範囲でご記入ください。

○ GF導入ご検討の理由、背景
○ テーマ・目的・プログラム進行イメージ・ゴールイメージ
○ 参加人数、参加者構成・時間・回数 
○ 実施予定日時/場所 など

実施概要、料金表などご用意しています。 詳しくはお問い合わせください。